banner_03.gif←今、人気のゴルフブログはこちら

2008年09月27日

スイング改造よりグリップ修正の方が効果的

グリップは大事ですね。練習場で球の軌道が変な場合にグリップを確認すると、グリップがおかしくなっていることが多々ありますから。

そんな中でなるほどと思える記事を見つけました。
以下、片山晋吾プロの話。

<ゴルフはグリップ>
ゴルフはグリップが基本、超重要です。死んでいるクラブに唯一、体がタッチしているのがグリップです。「グリップは基礎」と言いながら、おろそかにする方が多いけれども、おろそかにしてほしくないですね。よくスイング改造で「振り方を直す」という人がいるけれど、振り方よりもグリップを直したほうがいい。上手な選手は、それぞれにあった良いグリップをしています。グリップを変えると、最初は違和感があって、ものすごく気持ち悪いと思うけれども、3日くらい練習すれば気にならなくなります。

ポイントはグリップは親指と人差し指でできるVが右手と左手で並行になるようにすること。クルマのハンドルをふっと持ったときの握りの感覚です。

〔プロトーク〕スイング改造よりグリップ修正の方が効果的・片山晋呉プロ

banner_03.gif←人気blogランキングはこちら
posted by ken at 12:09 | Comment(1) | TrackBack(0) | メモ

2008年09月19日

どうやったらアウトサイドインが治るか?

アウトサイドインの癖が治らないので、どうやったら治るのか僕なりに考えてみました。

・アドレスでは、両膝は軽く曲げる程度にする。右肘を緩める。
・ハーフウェイバックで、ヘッドは真後へ引いて、その時点で体(ヘソの方向)は真後を向くようにする。
・トップにかけては一気に体を切り返す。クラブは止めない。
・右脚踵で地面を押し、左脚・左尻を後ろに伸ばす。体はまだ後ろに向けておく。
・手元を真下に落とす。手首のコックは保つ。
・インパクトにかけて、クラブをできるだけ低い位置で通過させる。
・右肘を前方に出す。右肘は体に近いところを通す。
・上記の間、できるだけ手には力は抜く。


banner_03.gif←人気blogランキングはこちら
posted by ken at 12:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | メモ

2008年07月16日

下半身リード

下半身リードについて、ゴルフダイジェストのバックナンバーに特集があったので、読み返してみました。

下半身リードをするにはどこをどうすればよいか?
歴代レッスン・オブ・ザ・イヤー受賞者は次のように言っています。

・体幹と脚力を使って左足に体重をのせる(江連忠)
・脚の動き出しはダウンのきっかけ(永井延宏)
・連続素振りをすれば体重移動は自然に発生する(井上透)
・左ひざをアドレスの位置へ戻す(山本信弘)
・左足への体重移動がキッカケです(石渡俊彦)
・腰をアドレスの位置に戻す(森道應)

また3大レッスン書には、次のように書かれています。
・両腰をねじり戻す(ベン・ホーガン)
・両手とクラブが後方へ進んでいる間に両腰を巻き戻す(ボビー・ジョーンズ)
・左ひざをアドレスの位置に戻して左腰をターンさせる(レッド・ベター)

banner_03.gif←人気blogランキングはこちら
posted by ken at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | メモ

2008年07月04日

スライド式ストローク

オデッセイのパターセミナーでスライド式ストロークについて説明していました。

振り子式が一般的ですが、このスライド式ストロークだと距離のばらつきを抑えることができるとのこと。

<振り子式>
・最下点は1点である。
・最下点が1点なので距離にばらつきがでやすい。

<スライド式ストローク>
・スライド式はヘッドを低く長くストロークできる。
・ヘッドを低く長く動かすことで、芯でとらえる確率が高くなり、距離感のばらつきが抑えられる。


スライド式ストロークのやり方
・アドレスではしっかりと拇指級に体重をかける。
・ヘッドとグリップの移動距離が同じになるようにストロークする。


banner_03.gif←人気blogランキングはこちら
posted by ken at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | メモ

2008年06月28日

ミスショットと原因の対応表

ミスショットしたのは当然原因があるわけで、原因が分からないことにはコース上でスイング修正ができません。

一覧には今後、追加していきます。

ミスショットと原因の対応表
現象原因
ダフる右肩が下がっている
トップするヘッドアップ。体の開きが早い。
シャンクするクラブが外から来ている。ボールとの位置が近い。


banner_03.gif←人気blogランキングはこちら
posted by ken at 09:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | メモ

2008年06月26日

ハーフウェイダウンから腰の回転でインパクトを作る

内藤雄士のGolfer's Baseで正しいインパクトを作るレッスンがありました。

<ダウンスイング>
・ハーフウェイダウンポジション(シャフトが地面と平行になるポジション)を作る

<インパクト>
・手の操作をせずに左腰を真後ろに引くように腰を回転させ、体重を徐々に左に移していく
→ハンドファーストの正しいインパクトができる

<フォロースルー>
・右腰が左脚に乗るように体重を左脚に乗せる

僕はハーフウェイダウンポジションからインパクトまでは手を使っていたので、コックが早く解けていたようです。これを試してみようと思います。

banner_03.gif←人気blogランキングはこちら
posted by ken at 13:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | メモ

2008年06月23日

ボールの先のターフを取るスイング

ボール先のターフが取れるスイングを見につけるのにとても効果がありそうなドリルを見つけました。

GDOレッスン

ボールの約5センチくらい先にガムテープを貼ってショットし、正しいインパクトができていればアイアンのリーディングエッジにガムテープが張り付きます。

ボールの2〜3センチ手前にもガムテープを貼って、手前のガムテープは剥がさないようにすれば、ダフり防止の練習になります。

やってみましたが、楽しみながら練習ができます。先のターフが取れるスイングができるとガムテープがエッジに見事に張り付きます。ダフったときは手前のが張り付いてます(^^;)

banner_03.gif←人気blogランキングはこちら
posted by ken at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | メモ

2008年06月19日

THINK BOX

あるサイトでパットについての記事を見つけました。アニカ・ソレンスタムの師匠ピア・ニールソンさんの教えだそうです。良さそうなので試してみたいと思います。

thinkbox
・ボールの後方1メートルのところに1本の線が引かれていると想像する。
・この線の後ろ「THINK BOX」で、傾斜や芝目、ラインや速さなどを徹底的に分析し、どう打つかを素振りでシュミレーションする。どこを狙い、どんなストロークをするか、全てを決めておく。
・準備ができたら、仮想の線を踏み越えて「DO BOX」に入る。仮想の線を一歩でも踏み越えたら、考える作業を中止する。余計な事を考えずに、決めた手順を感性(右脳)で速やかに実行する。もし何か考えてしまったら、「THINK BOX」に戻る。

参考文献
2年でシングルプレーヤー


banner_03.gif←人気blogランキングはこちら
posted by ken at 10:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | メモ

2007年08月09日

TOURSTAGE V-GT

TOURSTAGE V-GT

これを試打してみたいです。変な音がしないかな?変な色ですね。

商品特長

1. 最大級の慣性モーメント(5450g ・cm2 当社調べ)でとにかく曲がらない。

2. 構えたときに違和感を感じない460cm3独自の大型扁平形状。

3. インパクト前後のヘッド挙動を安定させる軽量・低トルク設計シャフト。

4. ヘッドカラーからグリップまで個性的なフラッシュライムグリーンでトータルコーディネイト。

だそうです

banner_03.gif←人気blogランキングはこちら
posted by ken at 12:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | メモ

2007年04月19日

プリショットルーティーン

テレビを観てると、プリショットルーティーンについてのレッスンをやっていました。これをショット前にやればリラックスして打てるそうです。プロゴルファーもやってますけど、プロ野球選手もみんな何かやってますよね。

手順:
@ボールをセットする。
Aボール横で軽く2回程素振りする。
Bボールの後ろに移動しナイスショットをイメージしながら、ショットする方向2m以内にターゲットを見つける。
Cボール横に移動し、クラブフェイスをターゲットに向け、構える。(その際に静止しないように動いている方がよい。)
Dショットする。

これはレッスンでも習ってないです。今度からこのようにやってみよう。これらは無意識にできるようになればいいそうなんですが、無意識にできるのか??あとは、ボールよりターゲットに気持ちを集中することが大切だそうです。

banner_03.gif←人気blogランキングはこちら
posted by ken at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | メモ

2007年04月10日

インパクト時にヘッドより手が先行してしまう癖

ちょっと気付いたことがあります。

「インパクト時にヘッドより手が先行してしまう癖」
 ⇒右手に力が入っているから手首が返らないのではないか?
  ⇒ということは、左手に集中させると手首が返る?

クラブ無しで素振りしてみると、なんか治りそうな気が。
これが治ると、アウトサイドインの癖も軽減しそう。

ということで、明日のレッスン時にやってみます。

banner_03.gif←人気blogランキングはこちら
posted by ken at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | メモ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。