banner_03.gif←今、人気のゴルフブログはこちら

2013年08月03日

Waggle定期購読

ここ3年くらい雑誌の「Waggle」(ワッグル)を購入しています。
うちの近所ではコンビニに置いてなかったり、書店でも発売日より数日遅くなったりで、買うのにも一苦労です。

面倒なので、定期購読するようにしました。
送料もいらないし8%OFF。更に今は1ヶ月分無料になるそうで、更にお得です。

↓↓↓Fujisan.co.jpで、ゴルフダイジェスト(8%OFF!)もアルバ(15%OFF!)も定期購読できます。




banner_03.gif←人気blogランキングはこちら
posted by ken at 06:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

2008年06月24日

ゴルフ コース戦略の超セオリー

ゴルフ コース戦略の超セオリー

「ゴルフ コース戦略の超セオリー」永井 延宏を読みました。

コース戦略、コースマネージメントがメインに書かれてある本ってなんで少ないんですよね。本書の「ターゲットに真っ直ぐ向かうのが基本」という「BOX理論」はわかりやすいです。今まで「対角線理論」の「目標方向の斜めに構えて打つ」ことに違和感を感じていたので、これを知って目からウロコでした。コース戦略としての使用クラブの特性、フェードやドローボールの使用方法も勉強になりました。


ゴルフ コース戦略の超セオリー:
■内容紹介
トッッププロも使っている“本当のコース戦略”を初公開。レッスンオブザイヤー受賞の著者が、「BOX理論」によって実戦的なコースの見かた、考えかた、動きかたを解説。ゴルフコースに隠された意図を見抜けば、いまの技術でも確実に10打はスコアアップ!

■著者について
1969年生まれ。日大桜ヶ丘で主将を務め、卒業後は米国にゴルフ留学。帰国後、桑原克典プロの指導や東京大学ゴルフ部コーチなど、レッスンプロとして活動している。スウィング理論はもとより、日本古来の武道や、ゴルフクラブの最先端科学も研究することで、より深く、立体的なレッスンを展開。2006年、レッスン・オブ・ザ・イヤー受賞。

banner_03.gif←人気blogランキングはこちら
posted by ken at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

2008年06月02日

ゴルフダイジェスト7月号

ゴルフダイジェスト7月号の記事から気になったものをまとめました。

<リスクマネジメント>
3打目勝負!パー5攻略
・残り距離を2で割る
・ピンポジが手前70y地点、奥なら80y以上残す
・ピンポジが左手前ならフェアウェイ右、右手前なら左を狙う
・第2打の落とし場所は第2のグリーンだと思え
・SWのスリークォーター以上のショットを残す
・100y以内のバンカーには絶対に入れない
・ロングアイアンはむやみに球を上げない

<芯を食うアイアンステップ>
・左肩を右足の上に!右肩を左足の上に!
・体を左右にゆさぶってみよう
・手の重みを感じて打とう

banner_03.gif←人気blogランキングはこちら
posted by ken at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

2008年05月01日

ゴルフダイジェスト6月号

ゴルフダイジェスト6月号の記事から気になったものをまとめました。

<古閑美保はなぜ260Y飛ばせるのか?>
・背骨の周辺に力を入れる。
・スウィングは背骨を軸に体を回転させるので、その周辺に力が入っていないとスウィング軸がぶれて、ミート率が悪くなる。
・ダウンスウィングでクラブが自然に落下するのを待てば、シャフトがしなり、ヘッドスピードが上がる。
・インパクトからフォローにかけてインパクトゾーンを長めにとり、スウィングアークを大きくして飛ばす。右手をしばらく飛球線のほうに伸ばす。
・トップでは背中が目標を向くくらい左肩を回す。但し、前傾角度をキープさせたまま。
・インパクトは右手でボールを叩くイメージ。
・ボールはレベルに打つと、適正スピンがかかる。
・体のそばにクラブを下ろしてくる。
・フォローを長くしてアークを大きくする。


banner_03.gif←人気blogランキングはこちら
posted by ken at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

2008年03月05日

ゴルフ超インパクトの法則

ゴルフ超インパクトの法則」を読みました。タイトル通り、インパクトについて書かれていました、その中でも「プロインパクト」というものの重要性が書かれていました。「プロインパクト」とは、インパクト時にボールを押し込めるインパクトだそうです。

プロインパクトができる人とは、
・スクエアか若干オープンフェースで構えられる人(構えることに違和感のない人)
・テークバックでフェースを開くことができる人
・ダウンスイングでタメの意識があり、フェースを開いたままおろすことができる人
・インパクトゾーンでヘッドをターンさせる意識がある人
・フォローで両腕が伸び、左へ引き込む意識がない人
・フィニッシュで腕のたたみがスムーズにできる人
だそうです。

banner_03.gif←人気blogランキングはこちら
posted by ken at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

2007年02月05日

増田哲仁の飛距離を伸ばす新理論

増田哲仁の飛距離を伸ばす新理論」を読みました。
マンガで読みやすいし、分かりやすい。

・スイングの本質はクラブを振る行為ではなく「動き」
・飛ばすためには体の素早いターン

banner_03.gif←人気blogランキングはこちら
posted by ken at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

2007年01月30日

パッティングを本で勉強

通ってるレッスンではパッティングは教えてくれないようなので、自力で勉強を始めようと思い、「内藤雄士の500円で必ず上手くなるパッティング」を購入。内藤雄志の本だし。そして、安い…500円。写真が多く分かりやすい。薄い本なので詰め込みすぎてないというのも読みやすかった。

同時に購入した「実践パッティング厳選8レッスン」ですが、これも写真満載で分かりやすい。この本はクロスハンドについて結構割かれてました。この本を読みながら試してみると、クロスハンドって打ちやすい!ちょっとこれで練習してみようかな。

banner_03.gif←人気blogランキングはこちら
posted by ken at 21:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

2006年12月08日

内藤雄士のDVDで必ず上手くなるゴルフスイング

内藤雄士のDVDで必ず上手くなるゴルフスイング」をようやく見ました。この本は45分のDVD付きで980円…安い。本も写真満載で分かりやすく、付録DVDと一緒に見るとまた分かりやすい。

banner_03.gif←人気blogランキングはこちら
posted by ken at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

2006年12月05日

今どきクラブで飛ばす8つのフェースコンロール術

本屋さんで見つけた「今どきクラブで飛ばす8つのフェースコントロール術」を読みました。マンガなので読みやすい。

まずは「体の動き」が大切だということが分かりました。
そして、体と腕の一体感を身につければいいスイングになりそう。
手で当てにいくのではなくてウェイトの入れ替えね。

banner_03.gif←人気blogランキングはこちら
posted by ken at 21:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。