banner_03.gif←今、人気のゴルフブログはこちら

2009年06月06日

本日の練習内容10-4

・バックスイングで右肩を開く
・インパクトの瞬間は正面を向く。右肩を前に出さないように我慢する
・トップでの左肩の位置より右肩が出ないようにする

banner_03.gif←人気blogランキングはこちら

2008年12月14日

本日の練習内容7-1

クラブのバランスの重要性が分かりました。
ウェッジは結構いいスイングができるのに、
アイアンは何かが違うと思っていたら、
違いはクラブのバランスでした。
ウェッジはD2でアイアンはD0。全然違うわけです。
バランスをウェッジに合わせる方向でいきたいと思います。


banner_03.gif←人気blogランキングはこちら

2008年12月07日

本日の練習内容6-4

本日のレッスンでの悪かった箇所と対処方法です。

アドレス:
・脚をしぼらないようにする。股関節を開放する感じに。
・ハンドダウン気味にする。
・グリップでシャフトを握る位置を気をつける。パームグリップにならないように。
・右手グリップの緩みに気をつける。

バックスイング:
・1、2のリズムでスイングする。
・体が後ろを向くように腰をまわす。

コック:
・腰の回転と同時にグリップエンドを飛球線方向に向ける。

トップ:
・コンパクトに。9時くらいで止めるイメージ。
・左手は遠くに置く。
・シャフトが後方を指す。
・右手には力を入れない。
・右股関節に体重を載せる。
・頭はアドレス時の位置と同じ。

ダウンスイング:
・左への体重移動からはじめる。
・力を入れずにそのままグリップを落とす。
・右手が左手の上に単に載っているだけという状況を意識する

インパクト:
・左脚裏を後方に伸ばす。
・右脚が前にいかないように。
・腰を回転させる。

フォロー:
・低く出す。

<ドリル>
30ヤードのスイング:
・ゴルフクラブを2本繋げて持つ。
・左の脇側にシャフトを通し、シャフトが体に当たらないようにスイング。
・体の回転と同時にグリップを飛球線に向ける

アウトサイドインを直す:
・フェースをかなり左に向けて構えて、そのまま真っ直ぐ打つ。

メモ
12/4有田

banner_03.gif←人気blogランキングはこちら

2008年12月02日

本日の練習内容6-3

グリップはとても重要!!

グリップが悪いと、全てが悪くなることが分かりました。

メモ:
11/27有田ゴルフガーデン


banner_03.gif←人気blogランキングはこちら

2008年11月23日

本日の練習内容6-2

本日は以下のことに注意して練習しました。

<全体>
・肩が左を向かないようにする。
・左肘は常に下に向ける。
・水平にスイングする。頭が上下しないように。
・スタンスをもう少し狭くする。

<アドレス>
・両肘はヘソ側を向ける。
・右手グリップを緩ませない。

<バックスイング>
・スイングプレーンに沿って上げる。
・インに引かない。

<トップ>
・右手人差し指にクラブを載せる。(重さを感じる)
・コックが完了した形にする。左親指を後方に向けるイメージにする。
・右股関節に体重を載せる。

<ダウン>
・最初に左に体重移動すると、クラブが下に落ちる。後ろの遠くに落とすイメージ。
・グリップ先はボール側に向ける。

<インパクト>
・右ひざが前に出さない。残すようにキープ。
・アドレスと同じ位置でインパクト。ヒール側に当てない。
・左手は伸ばす。

<フォロー>
・右手人差し指によりフェースがターンされる。
 ⇒クラブに引っ張られる。
・右手が伸びる。
・左肘は自然とたたまれる。

パター:
・クロスハンド
・左手は伸ばす
・手のひらで握り、手のひらを前に向ける
・右手で距離を調整する。左手は軸にする。

メモ:
11/20花畑ゴルフセンター


banner_03.gif←人気blogランキングはこちら

2008年11月15日

本日の練習内容6-1

本日は以下のことに注意して練習しました。

<全体>
・左肘は常に下に向ける。
・水平にスイングする。頭が上下しないように。
・スタンスをもう少し狭くする。

<アドレス>
・両肘はヘソ側を向ける。
・右手グリップを緩ませない。

<バックスイング>
・スイングプレーンに沿って上げる。
・インに引かない。

<トップ>
・右手人差し指にクラブを載せる。(重さを感じる)
・コックが完了した形にする。左親指を後方に向けるイメージにする。
・右股関節に体重を載せる。

<ダウン>
・最初に左に体重移動すると、クラブが下に落ちる。後ろの遠くに落とすイメージ。
・グリップ先はボール側に向ける。

<インパクト>
・右ひざが前に出さない。残すようにキープ。
・アドレスと同じ位置でインパクト。ヒール側に当てない。

<フォロー>
・右手人差し指によりフェースがターンされる。
 ⇒クラブに引っ張られる。
・右手が伸びる。
・左肘は自然とたたまれる。

パター:
・クロスハンド
・左手は伸ばす
・手のひらで握り、手のひらを前に向ける
・右手で距離を調整する。左手は軸にする。

メモ:
11/14花畑ゴルフセンター

banner_03.gif←人気blogランキングはこちら

2008年11月08日

本日の練習内容5-4

<全体>
・1:アドレス、2:右に体重移動、3:左体重移動のリズムにし、
 切り替えしで上半身下半身で捻じれができるようにする。
・下半身→上半身の順番で動かす。

<アドレス>
・両腕は脇ではなく脇の前(胸側)に付ける
・ボール側に立つ癖があるので、ボールからもうちょっと離れてアドレスする
 ⇒ボールを上から見るイメージにならないようにする。

<バックスイング>
・右尻を後ろに下げる。
・体重を右股関節に載せる。

<トップ>
・左手首が返らない様にする。

<ダウン>
・左尻を後ろに下げる。
・グリップを後ろ側の遠くに落とす
・グリップをボール側に向ける。

<インパクト>
・左手に打感を感じるように打つ。
・右脚が前に出ないようにする。

バンカー:
・腰を低く落とし、ハンドダウン気味にする。
・コックを使ってバックスイング
・両足はベタ脚にする。フォローでも右脚が上がらないようにする。
・ボールの右数センチにソールを落とす。

パター:
・手のひらを前に向けるイメージで、手のひらで握る
・両肘は曲げる
・右手だけで力加減を調整する

メモ:
11/7花畑

banner_03.gif←人気blogランキングはこちら

2008年11月01日

本日の練習内容5-3

<バックスイング>
・ヘッドは開きながら真後ろに向かって上げる。
 ⇒その際に体は外についていかないようにする。
 離れていくイメージ
・シャフトプレーンに沿って上げる
・早めにコックを作る
・シャフトが体の前に常にあるように上げる。
・体が真後ろを向くまで捻る。

<トップ>
・右手親指が90度になった時点でバックスイングは止める
 ⇒その際に親指は斜め後ろ(イメージは真後ろ)を向ける
・股関節に体重を載せる。
・トップの位置にいく前に切り返し動作を始める。
・切り替えし動作は左脚を後ろに引くことから始める。
・右脚は左脚側に近付かないようにする。
 その場に残すようなイメージ。
 ⇒右脚踵を下向けてに押せばOK?

<ダウン>
・右横の遠くの真下にグリップを落とす
 ⇒大きな動きを意識する

メモ:
10/31花畑

banner_03.gif←人気blogランキングはこちら

2008年10月24日

本日の練習内容5-2

<グリップ>
・右手小指と左手人差し指がクロスするように握る。
・右手生命線が左手親指に載せる
・両手の各親指と人差し指との付け根のラインが平行になるようにする。

<アドレス>
・右肩が出ないようにする。

<バックスイング>
・左肩を右に入れる
・コックを使う。
・アウトサイドにいかないように真っ直ぐ後ろに下げる
・頭が右にスウェーしないようにする。
・手と体を一緒に回す。

<トップ>
・左手首が甲側に折れないようにする。

<ダウン>
・下に落とす。

<インパクト>
・左脚を後ろに引くと、右脚は伸びる(右ひざを左ひざにくっつけない)
・体重を左脚に載せる
・ハンドファーストでインパクト

<フォロー>
・低くヘッドを出す

メモ:
10/23有田


banner_03.gif←人気blogランキングはこちら

2008年10月14日

本日の練習内容5-1

<バックスイング>
・一旦前にスイングしてからスイング開始するイメージを持つ
・コックを早めに使う

<ダウンスイング>
・右後ろにグリップを落とす
・体に近いところを通す
・右肘、肩、ヘッドの順で前を通す
・右ひざ、右腰、右肘が一直線になるようにする

<インパクト>
・ハンドファーストでインパクト
・ヘッドが遅れてくるイメージ
・低い球を出す

メモ:
10/10花畑

banner_03.gif←人気blogランキングはこちら

2008年10月03日

本日の練習内容4-4

本日は、以下の練習をしました。

【練習の主眼点】
・アウトサイドインの癖が出ているので、それを治す。
・体の近い位置にクラブを通す。

【主な練習内容】
・ウェッジの左手でのショット
・ウェッジの右手でのショット
・ウェッジのスプリットハンドでのショット
・ウェッジでのフルショット
・7Iでのフルショット

【練習注意点の詳細】
<グリップ>
・左手小指は指で持つ。

<アドレス>
・体重が前側になり過ぎないようにする。

<インパクト>
・右肘、右肩、手の順で前を通す。

パット練習
・手のひらで握る。
・左手は軽く曲げる。
・右肩で狙う。
・真っ直ぐ後ろに引き、真っ直ぐ前に出す。引っ掛けないようにする。
・頭は右側に残す。

メモ:
10/3花畑

banner_03.gif←人気blogランキングはこちら

2008年09月26日

本日の練習内容4-3

本日は、以下の練習をしました。

【練習の主眼点】
・アウトサイドインの癖が出ているので、それを治す。
・体の近い位置にクラブを通す。

【主な練習内容】
・ウェッジの右手でのショット
・ウェッジの左手でのショット
・ウェッジでのフルショット
・9Iでのフルショット
・7Iでのフルショット
・7Wでのフルショット
・ドライバーでのフルショット

【練習注意点の詳細】
<グリップ>
・右手は中指・薬指で握り、グリップは生命線に沿わせる。
 人差し指とグリップの間が緩まないようにする。
 また、親指と人差し指の間を締める。

<アドレス>
・両膝に体重が乗らないようにし、曲がらないようにする。
・腰が上から吊られている感じ。

<ダウンスイング>
・体に近い位置を右手が通るようにする。
・低くクラブを出す。落とす。
・右尻・右脚が前に出ないようにする。
・左尻を後ろに下げる。

<フォロースルー>
・低く前にフォローを出す。

パット練習
・クロスハンドは左手指4本、右手指4本で握る。
・順手の場合は左手指3本、右手指4本で握る。
・左手を軸に右手で距離を調整する。
・左目の下にボールを置く。
・若干オープン気味。

メモ:
花畑

banner_03.gif←人気blogランキングはこちら

2008年09月18日

本日の練習内容4-2

本日は、以下の練習をしました。

【練習の主眼点】
・アウトサイドインの癖が出ているので、それを治す。

【主な練習内容】
・ウェッジでのフルショット
・7Iでのフルショット
・ドライバーでのフルショット

【練習注意点の詳細】
<グリップ>
・右手人差し指が緩まないようにする。
 →フェースが開かないようにするため。

<アドレス>
・ハンドダウン気味にする。
・右腕は伸ばさないようにする。緩ませる。
・両膝が曲がらないようにする。

<ハーフウェイバック>
・コックを作ってバックスイング。
・シャットフェースにならない様にする。

<ダウンスイング>
・切り替えしのタイミングに気をつける。
・低くクラブを出す。落とす。
・右脚が前に出ないようにする。
・左尻を後ろに下げる。

<フォロースルー>
・低く前にフォローを出す。
・ヘソの位置で正面に真っ直ぐクラブが出るイメージ。

アプローチ練習
・右手だけで30ヤード。
・左手だけで30ヤード。
 →クラブの重さで打つ。
・クロスハンドで30ヤード。
・スプリットグリップで30ヤード。



banner_03.gif←人気blogランキングはこちら

2008年09月12日

本日の練習内容4-1

本日は、以下の練習をしました。

【練習の主眼点】
・正しいアプローチとパッティングの仕方を身に付ける。

【主な練習内容】
・ウェッジでのフルショット
・7Iでのフルショット
・ドライバーでのフルショット
・ピッチエンドラン
・ピッチショット
・バンカーショット
・パット

【練習注意点の詳細】
通常スイング:
<全体>
・右腕、手首、左腕の三角形が崩れないようにスイングする。
・腰が上から吊られているイメージで立つ。

<グリップ>
・右手が緩まないようにする。

<ハーフウェイバック>
・インに引かないようにする。

<ダウンスイング>
・右脚が前に出ないようにする。
・左尻を後ろに下げる。

アプローチ〜ピッチエンドラン:
・AWかPWで行う。
・ボールは右側に置く。
・オープンスタンス
・ハンドファースト
・予めインパクトの形を作っておく。
・ヘッドを真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出す。
・バンスを滑らせるように打つ。

アプローチ〜ピッチショット:
・SWで行う。
・ボールは左側に置く。
・フェースを開く。
・オープンスタンス
・スタンスの向きに沿ってスイングする。
・バンスを滑らせるように打つ。

バンカーショット:
・飛距離は通常ショットの1/3と考える。
・ハンドダウン気味に構える。
・ボール1個分右にあるボールを打つイメージ。
・インパクト後にヘッドを上げないようにする。砂ごと前に押し出す感じ。

パット:
・右手人差し指は伸ばさない。曲げておく。
・グリップと手を密着させる。パームグリップな感じ。
・肘を若干曲げる。
・若干ハンドアップ気味にする。
・右手親指の爪の位置が変わらないように肩でスイング。


banner_03.gif←人気blogランキングはこちら

2008年09月05日

本日の練習内容3-4

本日は、以下の練習をしました。

【練習の主眼点】
・切り返しは下半身から始動する。
・ダウンスイングで手を低い位置に置く。

【主な練習内容】
・ウェッジでのフルショット
・7Iでのフルショット
・ドライバーでのフルショット

【練習注意点の詳細】
<グリップ>
・左手小指は力を入れすぎない。

<ハーフウェイバック>
・始動でグリップエンドを飛球線方向に向ける。

<トップ>
・左手首が返らないようにする。

<ダウンスイング>
・左尻を後ろに下げる。
・グリップエンドを右脚前に向けて下ろす。
・手首の角度を変ないように下ろす。

<インパクト>
・右肘を先行させる。
・ハンドファーストの形を作る。
・ヘッドでのインパクトは意識しないようにする。
・右膝が前に出ないようにする。
 →シャンクする原因となる。

【練習内容】
・トップで一旦止めて、スイングする。
・右脚に体重が載ったら、下半身は左に重心移動する。
・ダウンスイングで手を低い位置に持ってくる。


banner_03.gif←人気blogランキングはこちら

2008年08月29日

本日の練習内容3-3

これから1ヶ月はドライバー強化月間ってことでドライバー中心に練習します。

注意した点:
<アドレス>
・右手がフックグリップにならないように注意する。
・左脚を軸に立つ。
 →若干、右に傾く感じ。

<ハーフウェイバック>
・左肩を入れる感じでコックする。
・インに引かないように気をつける。
・右尻を後ろに引く。右膝は伸ばさない。

<トップ>
・左手首が返らないようにする。
・左肩を入れる。
・左手の裏が上、右手の表が上にする。

<ダウンスイング>
・左に体重移動する。
・手を下に落とす。
 →体はまだ開かない。後ろを向けておく。
 →左手の裏が上、右手の表が上にしたまま。
・手をアドレスの位置に戻す。
 →クラブは遅れて通るイメージ。
・右肘を体前に入れる感じにする。
 →肘を先行させる。
・左尻を後ろに引く。左膝が伸びる。

<インパクト>
・腰の高さを一定に保つ。
・目線を残す。

<フォロー>
・左肘をたたむ。

【特に重要な点】
・ダウンスイングで手を下に落とす。
・インパクトでは手をアドレスの位置に戻す。
・腰の高さを一定にする。


banner_03.gif←人気blogランキングはこちら

2008年08月21日

本日の練習内容3-2

<アドレス>
・左脚から斜め上に軸があるイメージ
・右肘が前に出ないようにする。

<ハーフウェイバック>
・肩を入れること
 →それによりコックする

<ダウンスイング>
・バックスイングと同じ軌道でクラブが通るようにする

<インパクト>
・右肘が脇の下(体の前)を通るイメージ

<フォロースルー>
・低く出す


banner_03.gif←人気blogランキングはこちら

2008年08月14日

本日の練習内容3-1

<ハーフウェイバック>
・左肩を入れる感じでコックする。
・インに引かないように気をつける。

<ダウンスイング>
・右肘を体前に入れる感じにする。
 →肘を先行させる。

banner_03.gif←人気blogランキングはこちら

2008年07月24日

本日の練習内容2-4

本日は、以下の練習をしました。

【練習の主眼点】
・ボールを捕まえる。

【主な練習内容】
・PWでのフルショット
・7Iでのフルショット
・7Wでのフルショット
・ドライバーでのフルショット

【練習注意点の詳細】
<グリップ>
・左手人差し指の第二関節から小指第三関節に合わせて握る。
・親指をセンターより右側に置く。
・中指、薬指、小指に力を入れる。

<スタンス>
・右肘を左肘より前に出さない。
・膝をあまり曲げない。
・前傾しすぎない。

<バックスイング>
・早めにコックを作る。

<トップ>
・右手人差し指の第三関節にシャフトの重さをかける。

<ダウンスイング>
・シャフトを真下に落とす。

<インパクト>
・右腰が下がらないようにレベルスイング。

<フォロー>
・左腕をたたむ。


banner_03.gif←人気blogランキングはこちら

2008年07月19日

ボールを飛ばすには

ドライバーでボールを飛ばすには以下のようにしたらいいそうです。

・上半身をダウンブロー、下半身をアッパーに使う
・まずはバックスウィングで右足を縮めてフォローで伸ばすように使うことを意識する
・バックスウィングでお尻からハムにかけての部分を伸ばす
・ウエイトを右股関節に乗せながら、斜め後ろにお尻を下げてやるイメージ
・右脚を伸ばすことによって左にウエイトを移す
・右足カカトの内側で地面を押してやるイメージ
 →右脚を使って左にウエイトシフトができる
・バックスウィングで左肩周りの筋肉と右の大胸筋を伸ばし、ダウンスウィングでは逆に縮ませてスピードを出す
・動いていい部分(ヒジから肩)は動かす、固めなければいけない部分(ヒジから手元、体幹)は固める


banner_03.gif←人気blogランキングはこちら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。