banner_03.gif←今、人気のゴルフブログはこちら

2010年06月03日

メディシンボール練習

sp-100603-01-ns.jpg
 石川遼(18=パナソニック)が秘密兵器で、初日の鬼門を突破する。国内メジャーの日本ツアー選手権シティ杯宍戸は3日、茨城・宍戸ヒルズCC(7349ヤード、パー71)で開幕。2日の練習ラウンドで、石川はトレーニングで使う5キロのメディシンボールを両手で持って素振りを繰り返した。

 秘密兵器の狙いは、飛距離と安定性の向上にある。メディシンボールを持つことで、手先の動きを抑え、上半身全体でのスイングを覚え込ませた。「腕と体の一体感を意識しやすい」と効果を口にする。ボールは5キロと重いため、腹筋、背筋、握力などのトレーニングにもつながった。

「ボールを持つことで、手先の動きが抑えられるんです。ボールを体の幅の中に収めた状態で、体を回転させるイメージですね」。手先を使ったスイングは、右や左、飛ぶ時、飛ばない時のバラつきがあり、「悪いこと尽くし」と表現する石川。

 鬼門突破の思いも、秘密兵器導入の理由の1つだ。今季の国内ツアーは初戦が鬼門。ギネス記録の58を出して優勝した4月の中日クラウンズは17位、前週ダイヤモンド杯も100位と1けた順位はゼロ。「スタートダッシュできれば、2日目以降も、すっきり前向きになれる」と初日の重要さを口にした。

メディシンボールこの店で売ってました。


ニュース元

ニュース元

最新記事はこちら
posted by ken at 12:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ用品購入
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/152018786
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。