banner_03.gif←今、人気のゴルフブログはこちら

2009年07月29日

メトロノームでのスイングテンポ

メトロノームでのスイングテンポについて書かれたものを探してみました。以下、抜粋。

使用方法(ドライバー、アイアンショットの場合)
・ 腕と体を同調させ、胸の前でビート音を聞くイメージを大切にアドレス、トップ、インパクトからフォローを3ビートで決めます。
・ アマチュア・ゴルファーのビート音のテンポ数は、毎分75〜82が基準となります。(参考として、トーナメントプロは、毎分82〜90のテンポ数となります)



ドライバー



使用方法(パターの場合)
・ アマチュア・ゴルファーもトーナメント・プロも同じく、ビート音は毎分60〜72が基準となります。
・ 自分のスイングやストロークに合わせて、ビート音の速さがカンタンに調整できます。


パター

↓楽天で見つけたゴルフメトロノームです。



最新記事はこちら
posted by ken at 22:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ用品購入
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。