banner_03.gif←今、人気のゴルフブログはこちら

2008年07月05日

本日の練習内容2-1

コースでダフることが多かったのですが、
・テークバックでイン側に引いていた。
→それによりダウンスイングでクラブが外から来ていた。
→左肩が上がることにより、右肩が下がる。
→ダフる。
が原因だったことが分かりました。
シャンクしたのもそれが原因だと思います。

本日は、以下の練習をしました。

【練習の主眼点】
・真っ直ぐ後ろにテークバックする。
・コックが早く解けないようにする。

【主な練習内容】
・ショートアイアンでのフルショット
・ショートアイアンで若干クローズスタンス、右足はボールカゴに載せてフルショット
・ショートアイアンで若干クローズスタンス、右足はつま先立ちにしてのフルショット
・ドライバーでフルショット

【練習注意点の詳細】
<グリップ>
・左手人差し指と小指球の手首側の部分だけで挟み、
 中指と薬指は軽く添える。
・手のひらではなく指で持つ。
・左手親指はセンターより右寄りにし、第一関節のところをグリップに添える。
・右手親指は左手親指の上に添える。

<その他>
・真っ直ぐテイクバックする。
・体重を右股関節に乗せ、右側にスウェーしないようにする。
・トップでは右手が下になる。左手は甲側に折れないようにする。
・コックが解けないようにダウンスイングをする。
・体は右側に向ける時間を長くする。
・右腰が下がらないようにする。
・インサイドアウトのイメージで振る。
・インパクトは左脚の前で行う。
・左脚股関節に体重が乗るようにする。右脚は前に出さないようにする。
・低く左側にフォローを出す。

<ドライバー>
・トップの位置をコンパクトにする。
・コックが解けないようにダウンスイング。
・左手肘が下を向くようにダウンスイング。
・左脇を締める。
・シャフトの手元側がヘソの左側を向くようにダウンスイング、インパクトする。




最新記事はこちら
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。