banner_03.gif←今、人気のゴルフブログはこちら

2008年07月04日

スライド式ストローク

オデッセイのパターセミナーでスライド式ストロークについて説明していました。

振り子式が一般的ですが、このスライド式ストロークだと距離のばらつきを抑えることができるとのこと。

<振り子式>
・最下点は1点である。
・最下点が1点なので距離にばらつきがでやすい。

<スライド式ストローク>
・スライド式はヘッドを低く長くストロークできる。
・ヘッドを低く長く動かすことで、芯でとらえる確率が高くなり、距離感のばらつきが抑えられる。


スライド式ストロークのやり方
・アドレスではしっかりと拇指級に体重をかける。
・ヘッドとグリップの移動距離が同じになるようにストロークする。




banner_03.gif←人気blogランキングはこちら
posted by ken at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | メモ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。