banner_03.gif←今、人気のゴルフブログはこちら

2008年06月28日

ミスショットと原因の対応表

ミスショットしたのは当然原因があるわけで、原因が分からないことにはコース上でスイング修正ができません。

一覧には今後、追加していきます。

ミスショットと原因の対応表
現象原因
ダフる右肩が下がっている
トップするヘッドアップ。体の開きが早い。
シャンクするクラブが外から来ている。ボールとの位置が近い。


banner_03.gif←人気blogランキングはこちら
posted by ken at 09:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | メモ

2008年06月27日

本日の練習内容1-4

「コックを解かないように我慢する」「グリップの手元が下を向くように下ろす」のように我慢しなければならない操作は難しいですが、下半身主導の動きにするだけでそれらは意識せずに直りそうです。

以下の練習をしました。

【練習の主眼点】
・ダフらない、トップしないアプローチを身につける
 →上体が上下しないように。特に右肩が下がらないようにする

【主な練習内容】
・Pウェッジでハーフショット
・ドライバーでフルショット
・ウェッジでアプローチ

【練習注意点の詳細】
<Pウェッジでの9時3時ハーフショット>
・グリップは緩目
・バックスイングでは左手を9時の方向に押すイメージ
・インパクトまでの間はグリップ元は右足前を指すようにする
・コックを作った状態で、手を使わずに左腰を後ろに下げる
・腕が遅れてインパクトする
・インパクト時はハンドファーストになっている
・低く出すイメージ。フェースが立った形でインパクト
・低くフォロー。上ではなく左側に出す

※ペットボトルを使ったドリル
・ペットボトルに水を半分くらい入れる
・飲み口側を親指と人差し指で挟むように握る(通常のグリップと同じ感じ)
・ハーフスイングのトップの位置での水面のレベルが変わらないように、
 ダウンスイングをする
・手前で音がせずにインパクト位置以降に音がするように振る

<ドライバー>
※今までのスイングの問題点はコックがほどけるのが早いために上から鋭角に下りてくることでした。よって、ボールが上がりませんでした。また、それにより頭が左にスウェーしてしまう問題点もありました。

・スイングプレーン上にコックする
・コックがほどけないように、下半身主導でスイングする
 →脚を使う(左脚は伸ばす)
・頭は右側に残す

<アプローチ>
・ボールをスタンスの真ん中にセット
・飛行線方向に平行に構え、脚は若干オープンにする。
・体重は両足均等にかけ、右股関節を左に押すことで若干左脚体重になる。
・手首は使わない
・右肩を下げないようにする
・アプローチも下半身主導でスイングする


banner_03.gif←人気blogランキングはこちら

2008年06月26日

ハーフウェイダウンから腰の回転でインパクトを作る

内藤雄士のGolfer's Baseで正しいインパクトを作るレッスンがありました。

<ダウンスイング>
・ハーフウェイダウンポジション(シャフトが地面と平行になるポジション)を作る

<インパクト>
・手の操作をせずに左腰を真後ろに引くように腰を回転させ、体重を徐々に左に移していく
→ハンドファーストの正しいインパクトができる

<フォロースルー>
・右腰が左脚に乗るように体重を左脚に乗せる

僕はハーフウェイダウンポジションからインパクトまでは手を使っていたので、コックが早く解けていたようです。これを試してみようと思います。

banner_03.gif←人気blogランキングはこちら
posted by ken at 13:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | メモ

2008年06月25日

セントラル福岡ゴルフ倶楽部

セントラル福岡ゴルフ倶楽部でコンペがありました。

ナビ付きカートは便利。本日は雨で不可でしたが、普段はカートはフェアウェイ乗り入れ可能だそうです。平日はセルフ食事付きで9千円くらい。打ち上げ、打ち下ろしが多く面白いコースでした。距離はそんなに長くないです。

雨が降っていたので水が浮きグリーンがとても重く、でも人が歩いたところはそうでもないので、難しかったです。

3つ前の組がとても遅いらしく(うちのコンペのメンバーではありません)、ハーフ3時間以上かかました。相当疲れました。

【本日の反省点】
ドライバー:
前半は連続してダブってたのでティーをちょっと高くしたらよくなった。最後2ホールは体が開いてしまい、プッシュアウトでOB。

フェアウェイウッド:
今までは払い打ちのイメージで打っていたが、アイアンと同じように打ち込むキレイに打てるようになった。

アイアン:
左足上がりではミスが多々あった。

アプローチ:
ダフり、トップのミスが多々あった。

パット:
距離感が全然ダメだった。


セントラル福岡ゴルフ倶楽部
福岡県筑紫野市大字山家上西山429-9
TEL:092-926-3551

banner_03.gif←人気blogランキングはこちら
posted by ken at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ場

2008年06月24日

ゴルフ コース戦略の超セオリー

ゴルフ コース戦略の超セオリー

「ゴルフ コース戦略の超セオリー」永井 延宏を読みました。

コース戦略、コースマネージメントがメインに書かれてある本ってなんで少ないんですよね。本書の「ターゲットに真っ直ぐ向かうのが基本」という「BOX理論」はわかりやすいです。今まで「対角線理論」の「目標方向の斜めに構えて打つ」ことに違和感を感じていたので、これを知って目からウロコでした。コース戦略としての使用クラブの特性、フェードやドローボールの使用方法も勉強になりました。


ゴルフ コース戦略の超セオリー:
■内容紹介
トッッププロも使っている“本当のコース戦略”を初公開。レッスンオブザイヤー受賞の著者が、「BOX理論」によって実戦的なコースの見かた、考えかた、動きかたを解説。ゴルフコースに隠された意図を見抜けば、いまの技術でも確実に10打はスコアアップ!

■著者について
1969年生まれ。日大桜ヶ丘で主将を務め、卒業後は米国にゴルフ留学。帰国後、桑原克典プロの指導や東京大学ゴルフ部コーチなど、レッスンプロとして活動している。スウィング理論はもとより、日本古来の武道や、ゴルフクラブの最先端科学も研究することで、より深く、立体的なレッスンを展開。2006年、レッスン・オブ・ザ・イヤー受賞。

banner_03.gif←人気blogランキングはこちら
posted by ken at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

2008年06月23日

ボールの先のターフを取るスイング

ボール先のターフが取れるスイングを見につけるのにとても効果がありそうなドリルを見つけました。

GDOレッスン

ボールの約5センチくらい先にガムテープを貼ってショットし、正しいインパクトができていればアイアンのリーディングエッジにガムテープが張り付きます。

ボールの2〜3センチ手前にもガムテープを貼って、手前のガムテープは剥がさないようにすれば、ダフり防止の練習になります。

やってみましたが、楽しみながら練習ができます。先のターフが取れるスイングができるとガムテープがエッジに見事に張り付きます。ダフったときは手前のが張り付いてます(^^;)

banner_03.gif←人気blogランキングはこちら
posted by ken at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | メモ

2008年06月22日

現在のクラブセッティング

先日FWを買い換えて、これでやっと一通りセッティングが揃った感じです。

■ドライバー
テーラーメイド バーナー ドライバー(9.5度)305g

■FW&UT
テーラーメイドr7 st フェアウェイウッド(4番16度、7番21度)323g
ブリヂストンV-iQユーティリティ(4番22度)376g

■アイアン
ブリヂストンV-iQフォージド(5番〜PW)405g

■ウェッジ
ブリヂストンX-Wedge(51度、57度)443g

■パター
オデッセイ ホワイトホット#5

合計13本だから、あと1本入れられます。

banner_03.gif←人気blogランキングはこちら
posted by ken at 10:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | クラブ購入

2008年06月21日

r7スチールFWを購入

r7 スチール フェアウェイウッドを購入しました。4Wと7W。1本14,500円でしたが、今まで使ってた5Wを4000円で下取りしてもらったので、合計で25,000円。なかなかいい買い物でした。

早速打ってみました。フェースはスクエアで構えやすく、ボールも捕まりすぎずにキレイに真っ直ぐ飛んでいきます。とてもいい。

banner_03.gif←人気blogランキングはこちら
posted by ken at 15:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | クラブ購入

2008年06月20日

本日の練習内容1-3

以下のことに注意して練習をしました。

【練習の主眼点】
・レベルスイング
・コックをほどかないようにする

【主な練習内容】
・ウェッジでフルショット
・7Iでフルショット
・FWでフルショット

【次回の課題】
・脚の使い方※
・レベルスイング※
・体が開かないようにする※
・フォローで手を体に巻きつけるようにする※

【注意点の詳細】
<アドレス>
・左手グリップは手のひらではなく指で握る

<バックスイング>
・インに引きすぎずに真っ直ぐ後ろに引く。

<ダウンスイング>
・クラブが9時の方向の際はフェースが垂直になるようにする。
・グリップを下(ボール方向)に落とす感じ。腕で下ろさない。コックもほどかない。
・肩を平行に回す。
・右手のひらは垂直の状態
・右手の力を抜く。→両手とも力を抜いたらいいのかも

<インパクト>
・左側の尻を後ろに下げ、右脚は前に出ないようにする。※
・右肩が下がらないようにする。レベルスイング。※
・体が開かないようにする。※
・体が左側に流れないようにする。

<フォロー>
・手を高く上げずに、体に巻きつけるようにする※


banner_03.gif←人気blogランキングはこちら

2008年06月19日

THINK BOX

あるサイトでパットについての記事を見つけました。アニカ・ソレンスタムの師匠ピア・ニールソンさんの教えだそうです。良さそうなので試してみたいと思います。

thinkbox
・ボールの後方1メートルのところに1本の線が引かれていると想像する。
・この線の後ろ「THINK BOX」で、傾斜や芝目、ラインや速さなどを徹底的に分析し、どう打つかを素振りでシュミレーションする。どこを狙い、どんなストロークをするか、全てを決めておく。
・準備ができたら、仮想の線を踏み越えて「DO BOX」に入る。仮想の線を一歩でも踏み越えたら、考える作業を中止する。余計な事を考えずに、決めた手順を感性(右脳)で速やかに実行する。もし何か考えてしまったら、「THINK BOX」に戻る。

参考文献
2年でシングルプレーヤー


banner_03.gif←人気blogランキングはこちら
posted by ken at 10:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | メモ

2008年06月13日

本日の練習内容1-2

自分用のメモです。
以下のことに注意してスイング練習をしました。

【練習の主眼点】
・オンプレーンスイングの習得
・コックの使い方
・バックスイングのきっかけ

【主な練習内容】
・ウェッジで40ヤードのショット
・ウェッジで100ヤードのショット
・ドライバーでフルショット

【進展したこと】
・スイング軌道がよくなってきた

【次回の課題】
・上半身と下半身で時差ができるようにする。
・1:トップまでバックスイング、2:更にトップ位置まで上げ、ダウンスイング
 の素振り練習を行う。

【注意点の詳細】
<アドレス>
・肩が左側を向いてしまうので、平行に構える。
 →右腕を伸ばさないように余裕を持たせる。

<バックスイング>
・一旦、左に体重移動(又はハンドファースト側に移動)した後で、
 バックスイングをはじめる。

<ダウンスイング>
・コックが解けないようにする。
・クラブ手元の先が飛球線方向を向くようにする。
・前傾姿勢が崩れないようにする。
 →左脚を伸ばす。
・手元が外側に離れないようにする。
 →アドレスと同じ距離。

<インパクト>
・左脚前でインパクトする。
・ハンドファーストの形でインパクトする。

banner_03.gif←人気blogランキングはこちら

2008年06月07日

コック

今日はかなり収穫がありました。コックがちゃんとできるようになると、その他の動作も楽にできるようになりました。

・右手の下に左手を押し込む感じでバックスイング開始。
 →コックされている。

banner_03.gif←人気blogランキングはこちら

2008年06月06日

本日の練習内容1-1

以下のことに注意してスイング練習をしました。

【練習の主眼点】
・オンプレーンスイングの習得
・コックの使い方

【主な練習内容】
・ウェッジで40ヤードのショット
・ウェッジで100ヤードのショット

【進展したこと】
・コックができるようになってきた

【次回の課題】
・アウトサイドイン軌道を修正する

【注意点の詳細】
<バックスイング>
・左手親指はグリップセンターよりちょっと右側に置く
 →バックスイングでは左手親指方向にコックする。
・右手の下に左手を押し込む感じでバックスイング開始。
 →コックされている。
・ヘッドから始動する。
・インに引きすぎずに真っ直ぐ後ろに引く。
・体も一緒にまわす。

<ダウンスイング>
・下半身から始動する。上半身は後ろを向いたまま。
・グリップを下(ボール方向)に落とす感じ。腕で下ろさない。コックもほどかない。
・右肘がわき腹から離れないようにする。
・右肩が下がらないようにする。肩を平行に回す。
・左肘が下に向くようにする。
・右手のひらは垂直の状態

<インパクト>
・腕が体の正面から外れないようにする。
・左脚前でインパクトする。
・右手のひらでインパクトするようなイメージ
 →フェースが開かないようにするため

<フォロー>
・右手のひらは垂直の状態



banner_03.gif←人気blogランキングはこちら

2008年06月05日

右脚の使い方を覚えるドリル

・右足のつま先を浮かせてダウンスイングをする。
 →右かかとで地面を押しながら上半身をダウンブローに使う感覚がわかる。
・打ったら右足を一歩ターゲット方向に踏み込む。
 →早い段階で右足を大きく使いながら地面を押さないとできない。


メモ
・バックスイングで右の股関節にしっかり乗って、ダウンスイングでは右股関節をすばやく目標方向にターン。
・ダウンスイングの始動では、左半身がほんの少し右回転をして、それをきっかけに右半身が左回転を起こす。
・(左脚を軸にイメージした)左半身をやや右回転させてから右脚を蹴る

banner_03.gif←人気blogランキングはこちら

2008年06月02日

メディシンボールでのスイングドリル

メディシンボール

ゴルフのスイング作りのトレーニングに使用するメディシンボール。江連忠コーチや内藤雄士コーチの本でもメディシンボールを使ったドリルがよく出てきます。下記しているメディシンボールを使ったドリルにより、腕力ではなくて体幹のターンでスイングする感覚が分かり、手打ちの癖を修正できます。ゴルフスイングのトレーニングで使用するには、3キロのメディスンボールがちょうどいいです。

<メディシンボールを使ったドリル>
(1)体幹のターンのドリル
メディシンボールを両手で持って、左右に揺れる。
足、腰、特に股関節を意識しながら揺れる。

(2)理想のトップポジションを作るドリル
何度か小さく左右に振ってから、バックスイングの方向へメディシンボールを放り投げる。
そのまま、トップのポジションを作る。

(3)理想のフィニッシュポジションを作るドリル
同様にフォロー方向へメディシンボールを放り投げ、フィニッシュポジションを作る。
このときに上体はアドレスでの前傾を保ち、視線は地面にあるゴルフボール位置に向けておく。

メディシンボールはFungoalで安く売ってたので、購入しました。3キロのメディシンボールで2,680円。送料入れても3,280円。

banner_03.gif←人気blogランキングはこちら
posted by ken at 12:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ用品購入

ゴルフダイジェスト7月号

ゴルフダイジェスト7月号の記事から気になったものをまとめました。

<リスクマネジメント>
3打目勝負!パー5攻略
・残り距離を2で割る
・ピンポジが手前70y地点、奥なら80y以上残す
・ピンポジが左手前ならフェアウェイ右、右手前なら左を狙う
・第2打の落とし場所は第2のグリーンだと思え
・SWのスリークォーター以上のショットを残す
・100y以内のバンカーには絶対に入れない
・ロングアイアンはむやみに球を上げない

<芯を食うアイアンステップ>
・左肩を右足の上に!右肩を左足の上に!
・体を左右にゆさぶってみよう
・手の重みを感じて打とう

banner_03.gif←人気blogランキングはこちら
posted by ken at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。